私は今、30歳です。同じぐらいの歳の知人たちは最近、結婚したりマイホームを持ったりする人が多いです。私も数年前に、マイホームを建てました。若くして建てたので予算が少なく、希望した設備すべては取り入れることができませんでした。諦めた物の一つに太陽光発電があります。発電した電力を買い取ってくれる会社がいくつもあるようで、太陽光発電の機械を設置する価格の元が取れることも多々あるようです。売って儲けるだけでなく、家で使う電気代の節約になるし、災害などでも停電せずに電気が使い続けられるというメリットもあります。我が家も、新築の際に設置することは諦めたものの、後からでもソーラーパネルを設置できるように屋根の形状を設計してもらったので、お金が貯まれば購入したいと思っています。初期費用は大きくても、設置するメリットは大きいと思います。

太陽光発電の価格をよく理解してから導入を

太陽光発電は、大体200万円程度導入する時に必要です。ローンを利用し、売電を利用すれば大体10年から15年ほどで導入時に必要だったお金は回収する事ができます。ただ、実際にその価格をよく見てみると、各社で全く違う事が分かるはずです。ではどうしてこのような事が起きるのでしょうか。実際にはメーカーによって発電効率が全く違います。やはり発電効率が高い所の方がどうしても価格は高めになってしまう事を知っておきましょう。ただ、発電効率が高いという事は、少量の太陽光でも十分な発電が期待できやすいとも言えます。そのため、確かに初期に必要となる費用は安いメーカーに比べると高くなってしまいますが、売電等を利用すれば十分回収する事も可能です。また地域によっても年間の日照時間が違うので、価格だけで判断せずに日照時間・発電量からもどこのメーカーにするかをよく考えて選びましょう。

発電払い、夢の太陽光発電と価格

新築戸建てを今年購入し、ハウスメーカーの決めての一つになったのが太陽光発電でした。太陽光は価格や払い方など色々あると思いますが、私たちが気に入ったのは発電払いという制度です。まずはハウスメーカーが太陽光の料金を払ってくれます。そして私たちがハウスメーカーに月々払います。こうすることで手数料も少なくなりますし、10年の支払いが終わればそのまま自分達の利益になります。ちなみに11kw載せて平均で月6万円程口座に振り込まれます。月々太陽光の分割支払いと電気代で4万ちょい引かれますがそれでも利益が2万弱あります。これは家計にとっても助かります。心から太陽光発電はお勧めです。もうすぐ国からの補助もなくなるなんて噂がありますので、いまのウチに検討されてる方は払い方などを確認してつけてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*