太陽光発電は価格が高い!と思われて、太陽光発電をつけるのを悩んでいらっしゃる方や、あきらめていらっしゃる方は少くないと思います。しかし、国や地域の補助などがあり、発電された電気は電気会社に売ることもできます。長く先をみた時、けして高い買い物ではありません。地球温暖化になってきて、夏はエアコン、冬は暖房器具が必需品となり、電気やガスは不可欠なものとなってきています。そして、ガスや電気が高騰していく今の時代には、必要なものであると思われます。取り付け場所ですが、屋根につけるので屋根の負担が気になる方もいらっしゃるかと思いますが、最近のものは軽量化し、大きさも小さくなって、屋根が傷む心配もありません。オール電化にすることによって、月々の電気代も安くなりますし、そして何より地球にやさしいものでもあります

太陽光発電の価格からの購入する時

電気代がどんどん、上がるし、我が家でも太陽光発電を利用したいという人もいるでしょう。一戸建てを所有しているし、太陽光発電を利用できる条件を揃っている家庭も多いでしょう。でも、利用するためには費用がかかってくるんです。で、気になってくるのが、価格というわけなんです。やはり、メーカーによって違ってくるはずですから。ただ、違ってくるのはメーカーの違いだけではないんです。発電率でも違ってくるんです。曰く、発電率が高いと価格も高くなってくる、ということです。逆にシステム容量が大きくなると安くなるんです。なので、メーカーを選んでシステム容量を決めたら大体、かかる費用が分かってくるのではないでしょうか。なので、事前の打ち合わせが必要になってくるというわけです。ただ、太陽光発電は長く使うものです。じっくりと比較検討をしてみてはどうでしょう。

新築マンションの価格に太陽光発電の費用を組み込む

今とても注目を浴びている太陽光発電ですが、戸建て住宅の場合最初から設備としてついている物件も多くなって来ていますが、マンションの場合は、今建っているマンションの場合は管理組合による4分の3以上の賛成が必要ですのでなかなか保守的なマンションでは導入が難しいと思います。新築マンションの場合初めからついていれば問題なく、マンションの販売価格に加算されていれば住宅ローンに組み込めるので初期負担もそれ程大きくは感じないと思います。それにより電気代が軽減され、上手に運用すれば売電で修繕積立金として将来の大規模修繕の費用の補助にもなりますし、環境にも優しいのでこれからはマンションにも太陽光発電を付けていくべきだと思います。ただ技術的に大型マンションについてはまだ難しいみたいですが、日本の技術は日々すごい速さで進歩していますので是非とも早期にマンションにも太陽光発電が普及することを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*